空腹こそが健康でいられる理由!健康でいたければ腸を休めろ!

テレビや雑誌などで「健康になるための方法」はよく見かけますが、
皆さんは、何かやっていますか?

いろいろ健康情報はありすぎて分からない世の中ですね。
でも、一番シンプルで健康に良いのは、
実は「腸を休める」という方法だそうです。

昔から日本では1月7日に、七草粥を食べる習慣がありますね。
これは、年末年始に食べ過ぎたり飲みすぎて、
疲れた胃腸を休ませるという意味があるのです。

つまり、健康を維持していくためには、
腸を休めるということは、とても大切なんです。

不規則な食生活で、腸がすっかりくたびれてしまったら、
肥満や糖尿病、胃腸障害などの色々な病気にかかる可能性もあります。

そんな胃腸を休めるために、
今、「断食」という方法が流行っています。

元々、19世紀の末からヨーロッパでは断食の研究がされていて、
既に健康への良い効果は実証されているそうです。

断食は、なるべく仕事や生活に支障が出ない時に行った方が良いでしょう。

腸を休めるといっても、何も食べないというわけではありません。
(食べないという方法もあるようですが・・・)
もちろん高カロリーの物は避けて、
ヨーグルトやゼリー、ダイエット食品、野菜などが良いと思います。

お粥やスープ、ジュースやスムージーなどもおススメですよ。

いつもの食事のカロリーの3分の1くらいに抑えるようにしましょう。

いきなり長い期間続けると、栄養不足になって、
体調を崩してしまうかもしれませんので、、
1回に行うのは、2日~5日くらいが適切だと思います。

水分が中心になると、お腹を壊してしまうこともあるかもしれません。
一度にたくさん摂取しすぎないように、
腸を休めるという目的を忘れないようにしてください。

このような断食を行うと、
身体の老廃物を排出してくれる効果があり、免疫力も高まります。

外国で行うような何十日も続く断食とは異なるので、
とても始めやすいのではないでしょうか。

皆さんも、時々は腸を休めるようにすれば、
もっと健康的になれると思いますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>